さぽろぐ

  グルメ・スイーツ  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年07月23日

沼田町(北海道雨竜郡)夏の祭典!ご紹介します。

こんばんわ、お久しぶりのスタイチです。

今日の夕方、道庁敷地内を歩いていたら、
いくつかの水槽に、ゲンジホタル、エゾホタル、
ホタルの幼虫が食べる生物を入れて展示していました。



お話を伺うと、雨竜郡沼田町の夏のイベントのキャンペーンでした。
詳細は、沼田町役場のHPで見られます。

http://www.town.numata.hokkaido.jp/

沼田町は、ホタルの鑑賞ができる町として有名ですね。

7月3日から8月1日までの、
土、日曜日と祝日は、ほたる祭りと称して、
さまざまなイベントも用意されているようです。




8月27、28日は、「夜高あんどん祭り」(ノ><)ノ~♪
道内唯一の喧嘩あんどん祭りです!
巨大あんどんをぶつけ合う!
なんとも、豪快な祭りでしょう!(゜∀゜;ノ)ノ





また、8月7日10時からは「雪夏祭」!
日本初の、天然雪を利用したスノーボード大会が開催されます。

「スノボ行きてぇ~!(T△T)」
そんな方、早速、沼田町商工会へアクセス!

http://www16.ocn.ne.jp/~numasyou/

スタイチも、こそこそっと観光してこようかと画策しています。
ふふふ・・・( ̄∀ ̄)


北海道のくらしアンケート くらしく
http://www.kurashic.com/  


Posted by くらしく事務局 at 23:13Comments(0)ほっかいどう

2010年07月10日

第40回北海道ラグビーフットボール選手権大会

こんばんわ、スタイチです。

7月4日には、単身、苫小牧まで行ってきました。
毎年、この時期におこなわれるラグビー北海道大会の観戦です。

JRで、札幌から苫小牧まで。
土、日、祝日限定販売のお得切符を2200円で購入。
決まった区間内ならフリーで乗れます。
苫小牧~札幌間は、片道1410円ですので、往復するだけでもお得です。





当日は、天気もよく、程よい程度の風も吹いて、ラグビー日和の苫小牧でした。
道内の社会人チーム、大学生チームが、いくつかのグループに分かれて試合をする、
年に一度の楽しみな大会です。

7月11日には、道立野幌運動公園ラグビー場にて決勝戦がおこなわれます。
詳細は、北海道ラグビーフットボール協会さんのHPにて。

http://www.hokkaido-rugby.gr.jp/
過去の各大会の写真なども見られます。
ラグビーに関する、北海道のイベント情報も載せられていますよ。

試合後、苫小牧駅まで歩いていたら、お祭りの神輿に遭遇しました。
樽前神社のお祭りだそうです。



獅子舞姿の男の子もいました。
ついでに、獅子舞に頭をかんでもらいました。無病息災のために・・・。

 

帰りは豪雨のため、JRが一時停止するというアクシデントにも遭遇しましたが、
お得切符でしたので、スタイチは怖いものなしでした♪o(`▽´)o

北海道のくらしアンケート くらしく
http://www.kurashic.com/  


Posted by くらしく事務局 at 00:35Comments(0)ほっかいどう

2010年07月10日

士別市を通りました!

こんばんわ、スタイチです。

苫前町へ行く途中に、前回のたびでは寄ることができなかった
士別市の羊牧場に立ち寄りました。



一番上の施設まで駐車場が完備されているので、歩くのが辛いという方も安心です。
一番高いところから見る士別市、周囲の景色は、雄大な北海道を感じさせてくれます。



興味がある方は、公式HPを見てください。

http://www.shibetsu.ne.jp/hituji/



北海道のくらしアンケート くらしく
http://www.kurashic.com/  


Posted by くらしく事務局 at 00:12Comments(0)ほっかいどう

2010年07月09日

苫前町に行ってきました!

こんばんわ、スタイチです。

ここのところ、コチラのブログもサボりがちでごめんなさい!
今日は、一気にあげてみますよー(*´∀`)ノ(*^ー^)ノ

7月3日、苫前町へ再度行ってきました。
「羆嵐事件再現現場」へ、です。

行くまでのコースも、前回と同じです。
雪解け水が、恐ろしいほどの流れをつくっていた川も、静かな流れに。
山々の緑は深く、濃く、たくさんの色合いを楽しませてくれました。



現地について、こじんまりした施設を見ましたが、
その「こじんまり」さと対照的な、迫るような木々の群れが、
事件当時の生活の厳しさを感じさせてくれました。





中には、当時の生活道具も、無造作に展示されていました。



本当の事件現場は、更に奥へ分け入ったところだと聞きました。
奥へ行くには、覚悟が要るような深い深い緑でした。



「ハチに注意!!」の看板がありました。
不覚にも、ハチではなく、ブヨにさされて帰ってきました。
腕が数ヶ所、腫れて大変なことになりました。
ブヨ対策は万全で、お出かけください。(T△T)


北海道のくらしアンケート くらしく
http://www.kurashic.com/
  


Posted by くらしく事務局 at 23:57Comments(0)ほっかいどう